『KINUの年間ボドゲ大賞』2021

その他

今年もアドベントカレンダー2021に登録させて頂きました。

 

そして、記事の内容は

「KINUの年間ボドゲ大賞』2021!

今年でこちらも4回目。

今年の大賞作品は??ですが・・・

まず、今年を振り返ると、

遊ぶことができたボードゲーム総数は、

ゲームの種類:58ゲーム
プレイの回数:66プレイ

コロナの影響により、今年はプレイ数ともに、ボードゲームをする機会が減っていました。

また途中、アンロックシリーズを2ヶ月に渡りプレイした為もあり、Newゲームが少なくなりました。

 

さて、本題に戻り、

通例ですと、2021年の個人的好みで星5を付けたボードゲームが、大賞ノミネート作品となります。(2018・2019・2020にノミネート&大賞作品は対象外とします)

ですが、今年はプレイゲーム数が少ない為、星4(ほぼ星5より)からも、大賞ノミネート作品といたします。

それでは、ノミネート作品の紹介に移ります。

 

 

1、西フランク王国の聖騎士西フランク王国シリーズ第二弾。

バックビルドをしないオルレアンと通称されるワーカープレイスメントゲーム。そこに各ラウンドで出すカードの力を借りて、建築や信仰など様々なステータスを伸ばしていきつつエリアマジョリティにも対応する。とてもハードなゲームを手元のカードで手助けしてくれる素敵なゲームです。

 

2、西フランク王国の子爵

西フランク王国シリーズ第三弾。

信頼を回復させるべく、王国をまわり様々な人の手助けを借りるテーマのボードゲーム。カードプレイによる自身の能力アップと、どの土地でどのアクションをするか悩みながら王国を回るシステムが秀逸。中心の砦に人を派遣することの有能性など、全体通してすごく面白いボードゲーム。

 

3、グリズリー

サケを取りに滝壺近くまで進めクマさん!

流れてくるタイル(水流)をうまく見定めながら、サケを獲得しにいくチキンレース的なボードゲーム。各水流の列は、ダイスによって流れるタイルの数や増えるサケの数が決まります。何歩で戻れるか、どうずれば滝壺に落ちなくて良いか。ハラハラドキドキなボードゲーム。

 

4、おかしな遺言

無駄遣い万歳!ボードゲーム。

おじさんの遺言に従って、決められた遺産を使い切るために豪遊しまくる、おかしなボードゲーム。ディナーやイベント、無駄遣いしまくって、他のプレイヤーよりお金を使い切る。時には不動産を手に入れ、価値を下げたりと、通常?繁栄を目指すことの逆バージョンボードゲーム。

 

 

『西フランク王国の聖騎士』『西フランク王国の子爵』『グリズリー』『おかしな遺言 』、以上の4つが2021年のノミネート作品となりました。

今年は、昨年の大賞の「西フランク王国の建築家」、西フランク王国シリーズから2作品がノミネート。そしてアクションっぽい「グリズリー」と、そのテーマあり?な「おかしな遺言」がノミネートでした。

 

私の趣向として、西欧や中世、騎士をテーマにしたゲームが好きなので、そこに偏ることは

海外ドラマの「ゲームオブスローンズ」大好きっ子と思って頂けたら分かりやすいかな?(余談でした・・・)

 

 

ではお待たせしました。

栄えある「KINUの年間ボドゲ大賞』2021!に輝く作品は!!!!!!

 

!!!!!

 

!!!!

 

!!!

 

!!

 

 

「おかしな遺言」!

2021年は「おかしな遺言」を大賞作品とさせて頂きます。

こちらの作品。おかしな遺言?なんじゃそりゃ?となるタイトル。そして蓋を開けると、お金使い切ってね遺言かよ!びっくりですね〜

通常?のボードゲームだと、お金を一番集めたプレイヤーが勝利!というのはよく聞きますが、その真逆。早く使い切るために豪遊してね。どんどん無駄遣いしましょう!と。

なんて素敵な遺言なんでしょう〜。

時勢として内に籠もりがちな1年であり、その鬱憤を晴らすかのようなテーマ。節約しないことの軽快さ。反対に使うことの難しさをシステムとして上手くまとめたボードゲームと思います。

その意外性なテーマと、上手くできたゲームシステムが、大賞として輝くボードゲームです。

 

ソーシャルディスタンス。消費行動が少なくなった苦しい1年。その鬱憤は、「おかしな遺言」で晴らせました??かな。

 

世界観に没頭できアナログ的に人と関わることができるボードゲーム。

新しいボードゲームと出会うことが、新しい知見を広げることにも繋がるのではないでしょうか。

私情でも、ボードゲームをやってて良かったと思えた1年でもあり、コロナを恨む1年でもありました。

その一喜一憂あった1年を発散させた「おかしな遺言」は、ぜひ色々な方に遊んでもらいたいゲームです。

 

一つのゲームの中で一喜一憂。

たくさんのゲームの中で一喜一憂。

 

今年遊んでくださった皆さん。オンラインで遊んでくださった皆さんに感謝の気持ちをここに表して、次のボードゲームを楽しみにしています。

 

更新頻度が下がっていますが・・・
あ!アップされてる!見てみよう〜と思ってもらえる紹介ページとして「キヌ ボードゲーム ダイアリー」をこれからも末長く宜しくお願いします。

 

末筆ながら、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

2021年12月18日(土)

キヌ ボードゲーム ダイアリー

タイトルとURLをコピーしました